年の差婚 in オーストラリア ~非凡で平凡な日常~

妻 + 働くママ + 四人のステップマザー = 私。23歳年上の旦那さん。年の差婚、国際結婚、育児、ステップキッズ、海外での仕事や生活。非凡で平凡な日常を、オーストラリア メルボルンのビーチタウンから発信中。

スポンサーリンク

負の連鎖を断ち切りたい!解決できる3つの要素

 

 

こんにちは。ご訪問大変ありがとうございます。

年の差婚 in オーストラリアのかみなりかみなり3番です。

 

 

 

今回の記事。迷いに迷った末、アップする事を決めました。 

 

ここ↓↓にも書いた通り、家庭のお金の問題。

うちの家庭のお金の問題は、私の父ではなく祖父の代からあった。と祖母から聞きました。

そう、代々、負の連鎖が続いていました。

  

食べる物には困らない、お風呂にも入れる。今でいう貧困(絶対的貧困)ではない。

でも、子供を大学や短大には行かせられない。

お金の事だけを考えれば、少し相対的貧困だったと思います。

 

相対的貧困とは↓↓

貧困線 - Wikipedia

 

じゃあ今の生活は?というと、改善されています。

(もちろん、オーストラリアと日本を比べるのは難しい部分もありますが。)

これは全く、自慢でもなければ何でもない。本当に。

 

 

でも、私がどうやって代々続く負の連鎖を断ち切ったのか

今日は、

負の連鎖を断ち切った3つの要素を皆さんとシェアしたいと思います。

f:id:Kaminari3ban:20190703135043p:plain

誰かの為に役立ちますように!

 

  

注意 : 私なりに自分の過去を客観的に分析してみた結果ですので、ご了承ください。また、絶対的貧困のお話しではありませんので、ご注意ください。

 

 

 1.社会経済的地位の認識

19歳の私は、親が子供を大学や短大、専門学校に出せないのは、まぁ普通だと思っていました。

まさか、自分が社会経済的地位の標準から下にいるなんて、全く考えもしなかった。

 

ある日、友達二人とご飯に行った時の事。二人は大学生と短大生。

大学生の友達が、『夏休みにアメリカ留学行く事にした』という話をし始めました。

短大生『私はカナダに行く予定』と。

 

正直ビックリした。

この二人はバイトもしていない。という事は、親が学費も出しながら留学費用も100%出資する。聞かなくても答えは出ていました。

 

他の人の事も知りたくなり、

私が『周りの友達も留学行くの?』と聞くと、

『結構いるよ。短期留学ならみんなだよ。』という回答。

 

そう、みんな

 

ビックリからショックに変わった。

 

 

世の中の親達が、学費や生活費を出しながら、留学の費用も出す、という現実があった。

それを、私は19歳まで知らなかった。

(この二人の話を鵜呑みにしてしまった私は、無知。でも、多数の人達が彼らと同じ状況にいるという理解は、間違ってはいなかったようですが。) 

 

 

帰りの電車の中で、色々考えてた。

親のお金に対する発言、家庭で所持している物、友達の家庭との比較 等々。

私が出した答えは、うちの家庭は社会経済的地位の標準以下。だった。

 

f:id:Kaminari3ban:20190402190426j:plain

ショック + 劣等感 + 世の中の不公平に対する嫉妬。

その日から半年は、そんな感覚が続いた。

 

 

今思うと、あの日、人生の早い段階で、自分の社会的地位に気づいてよかったと思います。

認識がある事で、

  • 次の目標を考えることが出来た。
  • 次の行動を考えることが出来た。
  • 今後の計画を考えることが出来た。

から。


そして、この頃から、

自分が子供を持つ時には、次の世代に負の連鎖のバトンを渡さない。

というのが夢の一つになりました。

 

 

 2.情報の量と質

次に考えたのが、情報量と質

f:id:Kaminari3ban:20190703135919j:plain

普通と思っていたことが普通でない。

私は世の中の知らない事があまりにも多すぎる、と認めました。

だから情報量を増やす。

そして、量だけでなく質も。そう決めた。

 

当時スマホはなく、携帯でネットを見るのにも限界が。パソコンも持っていなかった。

だから、本屋や図書館に通い詰めたり、自分の興味のある分野のセミナーに出た。

自分の興味が無い事でも拒否せず、何か学びがあると信じ、積極的に行動した。

 

そうするうちに、

手元に来る情報の量と質が上がり、見える世界が少しずつ変わっていった。

 

  

 3.環境を変える

その次は環境を変えた

 

21歳の時、オーストラリアに留学。

これには時間がかかった。単にお金を貯める時間が必要だったから。

 

環境が変わると、付き合う人達が変わった。人間関係が変わった。

彼らとの話題は時に難しく、新しい発見ばかり。色々考えさせられた。

 

この影響で、物事の捉え方や見方 =ロジック が変わり始めた。

  

 

 まとめ

私が取った行動は、
  • 自己認識
  • 情報量と質
  • 環境の変化

これらは、負の連鎖を打ち切る主要な要素だと個人的に思います。


今の私は、『負の連鎖を打ち切れた!』と、自信をもってまだ言えません。

ですが、娘には、私の幼少時代よりも良い環境を提供できていると思います。

 

自分の家系の明るい未来は、この人から始まった。

そう未来の人達に言われるよう、頑張りたい。

f:id:Kaminari3ban:20190703181128j:plain

 


この記事が誰かの役に立ちますように。


 

過去・現在・未来 関連記事

 

 

本日もお時間をさいて最後まで読んで頂き、大変ありがとうございます。
ここ↓↓↓をポチっと押していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 

【親必見】親が●●するだけで子供が勉強するようになる!?

 

 

こんにちは。

年の差婚 in オーストラリアのかみなり3番です。

 

皆さまのおかげで、にほんブログ村 人気ブログランキング オーストラリア・メルボルン部門、1位を獲得しました。嬉しい~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 

本当にありがとうございます!!!

これに決して慢心することなく、これからも頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

今日は子供の勉強のお話し。

 

子供に勉強して欲しい。

時代は変わっても、子供を持つ親の永遠のテーマではないでしょうか。

 

ここでも紹介した通り↓↓↓、私には4人のステップキッズがいます。

そんな彼らを見ていると、ビックリさせられます。

 

なぜなら、、

 

勉強します。

 

もとい、

 

勉強します。

 

オーストラリア人って勉強するの?

のんびりしてるイメージだから『勉強』っていうイメージ無いけど。って思った人いるでしょ。

オージには偏りはありますが、勉強する子供達は想像以上にします。自主的に。 

f:id:Kaminari3ban:20190619213922j:plain

 

今日はそこで、

旦那のどのような行動が理由で、この子供達が勉強するようになったのか。

をお伝えしようと思います。

 

  

 子供たちの紹介

その前に子供達の紹介です。

長女は大学生、次女と三女は高校生、長男は小学生高学年です。

 

(今からステップキッズ自慢をするので、嫌気がさしたらここは飛ばして下さい。)

 

まずは長女から。

彼女は、高校2年生で高校生3年の勉強を終わらせました。いわゆる飛び級

高校2年の時には、某大学からオーストラリア国内で選ばれた生徒だけが行けると噂のサマーキャンプに招待されたり。

高校生3年の時には、オーストラリアのセンター試験(VCE)で高得点獲得を目標にし、学校には行かず自主勉。その結果、VCEでは全教科超高得点。

また、2017年ビクトリア州トップ100の生徒に選ばれ、州知事からも表彰。

現在は大学生。弁護士になろうと必死に勉強しています。

 

長女に続き、高校生の次女と三女も真剣です。

テスト前には何時間も部屋にこもり、勉強をしています。

てっきり『ティーンだから部屋にこもるよねー』なんて軽く考えてたら大間違い。

勉強し、げっそりしている姿で部屋から出てきました。

 

長男は小学生高学年。彼にはまだ宿題という宿題は出ていません。

が、この間、ビルゲイツがどのように富を使うのか。というユーチューブを真剣に見てたところを目撃。ビックリ、まだ小学生ですよ。

何かを知りたいという好奇心。それを自分で調べるスキル。は身についているようです。

 

長男の関連記事

子供に大人気のゲームを大人の視点で観察した結果

 

 

 旦那の行動

f:id:Kaminari3ban:20190531152741j:plain

 

早速答えです。

 

旦那が何をしているかというと、、、

 

子供の勉強の事に一切口出ししない。

 

???

 

勉強しなさい!!!とも言わない。

宿題した?とも絶対聞きません。

 

不思議ですよね。これで 子供が自ら勉強するんだから。

 

これだけではあまりにも不明確なので、

なぜ親が一切口出ししないと、子供が勉強するようになるのか

を掘り下げて検証したいと思います。

 

注意: あくまでも個人的な分析と意見ですのでご了承ください。

 

 

 自己責任力

親が干渉しない事で自己責任力が生まれているようです。

 

ステップキッズ達は朝食やランチを自分で作ります。

夕飯はさすがに旦那か私が作りますが、個別によそったり、取り分けをしたりしません。自分が食べたい分だけ取る。

食事後、自分の食器は自分で洗います。

小学生高学年の頃から、自分の事は自分で。

 

そう、彼らは自己責任力がとても高いんです。

 

その為、勉強も自分の責任だと感じているようです。 

 

 

 親は子供のサポーター

f:id:Kaminari3ban:20190316161117j:plain

旦那に聞きました。

なぜ子供達に『勉強しろ!!!』って言わないのか。

 

旦那

『勉強しろ!!!って親に言われてする?』

 

『しない』

 

旦那

『でしょ。子供に勉強しろ!って言ったって子供は勉強しないでしょ。そんなの分かってたら言う必要ないし。時間の無駄。しかも、子供がいやいや勉強したって身につかない。そもそも勉強は子供の事だから。自分はサポーターなんだよ。』っ

 

『なるほどね。。。』

 

オーストラリアでは、親は子供をサポートするという考え方があります。日本の「子供を育てる」とは違います。

そして、生まれた時から赤ちゃんは一個人。という考え方で、親と子供は別の部屋で寝るのもその例だと思います。

愛情表現はたくさんしますが、親は一人の人間の成長をサポートする立場

 

旦那も子供達の勉強には無関心ではありません。ただ口を出さないだけ。

子供たちが助けを必要とした時に、お手伝いをします。

そう、サポーター。勉強しろ!!!なんていう野次は絶対飛ばさない。

 

 

 まとめ

自己責任力。自分の事は自分で。

勉強を含め、オーストラリアの社会では不可欠な要素です。

そして、親は子供の成長をサポートする立場を認識する事。

これにより、子供が自主的に勉強するのではないかと思います。

 

とはいえ、勉強しろ!!!という文化で育った私。

私の娘が大きくなり、勉強に一切口出ししない、なんてできるのかなぁ、、。

 

これ、簡単そうに見えて一番難しいですよ。

 

 

 

子供を育てる親の方々にお勧めの記事 :

 

 

本日もお時間をさいて最後まで読んで頂き、大変ありがとうございます。
ここ↓↓↓をポチっと押していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 

ブログの読み手を完全に無視。あの人の為に。

 

年の差婚 in オーストラリアのかみなり3番です。

 

今週のお題「おとうさん」。

 

今日はPVもレイアウトもあまり気にせず書こうと思います。

あの人の為に。

 

 

 ここ↓↓↓には書かなかった父親の事。

  

 

私の父は70歳。

胃がんを克服し、まだまだ現役でラーメン屋を経営。

いつもニコニコしていて愛想がいい。

娘達には甘い父親。

この年になっても、私の叔母や叔父達からは、「あんちゃん」と親しまれている。

 

 

そんな父親は、大変だった昔の話は絶対しない。

だから私が代わりに言うよ。 

みんなに知ってほしいから。

だって、父の日だったから。

 

 

父親は5人兄妹の長男。

昔は金銭的に苦しい家庭だったと。

だから自分は学校に行かず、15歳で仕事に出て家族を支えた。

妹や弟達の高校や大学の費用。 

家族の生活費。 

長男だから。

自分の全てを家族の為に。

 

 

20代後半で結婚。

3人の娘ができた。

父親は親と弟妹4人の金銭的援助をした後、娘達を育てた。

 

私は三姉妹の末っ子。

そう、最後の最後。

私にお金が回ってくることはなかった。

 

 

大学に行きたかった。

大学がダメなら短大か専門学校でも。

それがダメなら、せめて1ヶ月の短期英語留学に。 

何を言っても絶対ダメだった。

 

お金はない。は、親の口癖だと思ってた。

両親が仕事で忙しく、あまり会えないとはいえ、顔を合わせばお金で喧嘩。 

何年もそんな状態が続いた。

 

だって、私はその事実を大人になるまで知らなかったから。 

もっと早く事実を知っていれば、、

今でも後悔してる。

 

 

父親は偉大。

みんなそう思う。

 

親孝行。

それも分かる。

 

親は自分の子供の為だったら何でもする。

それも自分が親になった今、理解できる。

 

 

だけど、、、

妹や弟達の為に自分の人生を捧げた。

 

そんな偉業をなし遂げた私の父親は、本当に偉大だ。

 

日本は父の日だった。

 

お父さん、ありがとう。

 

あなたに感謝している人は、たくさんいますよ。

 
 
 
最後までありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 

後半 出産は夫婦で乗り越えろ! 立会い出産で旦那がすべき行動とは?

 

メルボルンは寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしですか?

年の差婚 in オーストラリアのかみなり3番です。

 

本日は出産の後半戦。前回のお話はこちらからどうぞ↓↓↓ 

 

注意 : 後半では少しだけ生々しい表現もありますので、ご注意ください。これから出産を控えている方を怖がらせませんように...。

 

 分娩室に移動中

朝6時。旦那も病院に到着。そして最後の痛み止め注射。

朝8時。子宮口が開き始め、分娩室も開いているという事で分娩室に移動。

移動中、部屋からは拷問をされているかのような悲鳴が。

f:id:Kaminari3ban:20190610193917j:plain

そう、他の人の出産ノイズ、、、オーストラリアのあるあるです。怖い。

 

ポイント : 余裕があれば耳栓かヘッドフォンをするのもありかも。 

 

 

 無痛分娩

分娩室に入っても子宮口が十分開かず、しかも痛み止めの注射は全て使い切った。

この時、痛みマックス。

 

痛さで背中から妖怪が出て来ると思った。

 

いや、妖怪じゃない。

 

今の見た目は偽で、本来の姿になると思った。

こんな感じ(笑)

f:id:Kaminari3ban:20190610194036j:plain

 

旦那と産婦人科医の話合いで、無痛分娩(エピジュール)に変更。

麻酔科ドクターが常勤していなので、近所の病院から呼び出します。

注意 : 事前にエピジュールを予約していれば時間に来ますし、オーストラリアの公立病院では常勤の麻酔科医がいるようです。

 

この麻酔科医を待っている間、赤ちゃんの心拍数が下がりはじめ、ビービービーと分娩室に鳴り響く、、。

私は、赤ちゃんは大丈夫なのか、麻酔ドクターはまだか、と発狂。

 

旦那

赤ちゃんは大丈夫だよ。●●●(私の名前)は頑張ってるよ。自分達の赤ちゃんにもう少しで会えるよ。あとはデリバリーだけ。ここまで年の差婚で色々乗り越えたんだから。大丈夫。頑張れるよね、あと少し

と。 これで落ち着きを取り戻しました。

 

ポイント: 応援の仕方は『大丈夫?頑張れ!』だけじゃない。冷静で諭す応援。大正解。

 

 

 麻酔のドクター

1時間後、やっと麻酔医者到着。

朦朧としてる中、麻酔の説明を聞きサインをする。

体力がなく、手が震え、ペンを何度も落とす私。

こんな痛みに耐えながらサインなんて...。

と思っているうちに。麻酔科開始。

 

麻酔中に、旦那とドクターは世間話で大盛り上がり。

麻酔後、しっかり連絡先交換してた。

 

ポイント: 分娩室で世間話はしない事。こんな場所で余裕見せるな。 

 

 

 向こう側の風景

すでに体力は消耗。そして、エピジュールをしたせいか下半身の感覚がなく上手に踏んばれない。

看護婦さんが私のモチベーションを上げようと『赤ちゃんの髪の毛見えてきたから!』 と、鏡で子宮口を見せてくれました。

 f:id:Kaminari3ban:20190610194213j:plain

言われるがままに見てしまった、、、。

一気にモチベーションが落ちた。

 (オーストラリア人の方は、これでモチベーションが上がる人もいるようです。私には向いていなかったようですが。) 

 

その瞬間、旦那が見る風景も予想外に大変だった事に気づいた。

 

ポイント: 向こう側にいる人が見る風景、結構大変。トラウマになるのも分かった。

 

 

結局、最後は吸引し、ベイビーが無事出てきてくれました。

 https://www.instagram.com/p/BvWZqBon-rw/

 (こちらは産後3日目の写真です。)

 

まとめ

立ち会い出産で旦那がすべき行動とは、

  • 労わって、嘘でもいいから。
  • 奥さんが痛みで話せない事も。痛み止め注射やエピジュールの出産計画を事前に話し合う事。
  • 時間に余裕があれば、旦那も少し休む。
  • 他の人の出産ノイズは聞かない方がいい。
  • 励ましの言葉は、大丈夫?だけじゃない。準備しておいて。
  • 分娩室でドクターと盛り上がらない事。
  • 向こう側の風景を見るなら、心の準備をお願いします。

 

以上、出産当日に旦那やパートナーに取って欲しい行動でした。 これから出産をされる方達の参考になりますように。

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

娘を生む前に、長い道のりがありました。 

 

 

 

お時間をさいて最後まで読んでいただき、大変ありがとうございます。
ここ↓↓↓をポチっと押していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 

出産は夫婦で乗り越えろ! 立会い出産で旦那がすべき行動とは? ~前半~

 

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

最近、はてなブログにて『年の差国際カップ』のカテゴリーを作った

年の差婚 in オーストラリアのかみなり3番です

 

先日、新生児に会う機会があり、娘を出産した日の事を思い出しました。

 

そこで今日は、私のオーストラリアでの出産経験をご紹介。 

 

いやっ、ちょっとまった!!!

 

数々の先人達がオーストラリアでの出産経験を書いています。

私の出産は、

陣痛促進剤 ⇒ 痛み止め注射 ⇒ 無痛分娩

オーストラリアでは普通です。

f:id:Kaminari3ban:20190608150520j:plain

 

でも他の人と一つ違うのは...旦那

出産に立会うのは今回が5回目。旦那は過去4人の子供の出産に立ち会っています。

そう、私の旦那は立ち会い出産のエキスパート

 

そこで今日は、このエキスパートが取った行動をふまえ、

出産当日に、旦那やパートナーに取って欲しい行動

をお伝えします。

 

これから出産される方のお役に立ちますように!!!

 

注意 : 生々しい表現は避けていますが、こういう類のトピックが苦手な方はこちらの記事をどうそ。

 

かみなり3番、この名前に隠された真相

ハーフの娘をバイリンガルにできない理由 ~前半~

 

 陣痛促進剤

出産予定日の数日後に旦那の出張にが予定されていた為、計画出産で前倒しに。

病院で陣痛促進剤を打つと1時間後には破水。ここからが痛みとの戦いでした。

痛いと言えないくらい痛い。ベットに横になりうずくまる私。

その横でiPadで映画を見ながらポテトチップスを食べる旦那。しかも、痛みで食べられない私に代わりに病院の食事を完食。

 

なんで労わってくれなかった???と産後に聞くと、

旦那 『あの時点で始めたら自分のスタミナがもたない。初産だから時間かかるでしょ。長期戦に備えて。計画的でしょ。』と。

 

ポイント : 労われ、嘘でもいいから。松岡修造レベルは求めてないけど、応援して。

 

 

 陣痛前半

f:id:Kaminari3ban:20190608150547j:plain

この状況が3-4時間続き、痛みでベッドに這いつくばる私を見かねた旦那が、看護婦さんを呼びました。

相談した結果、痛み止めの注射をリクエスト。

痛みで体力があまりにも消耗された為、赤ちゃんに悪影響では、という理由です。

 

この痛み止めの注射はペチジン(Pethidine)。

24時間で、摂取できる量が決まっているようです。

そこで、一回の量を半分にし、回数を打って長期戦に対応する。と旦那からの提案。

さすが出産立会エキスパート。本領発揮し始めました。

 

ポイント : 痛み止め注射を打つときは量を調整できるかも。お医者さんと看護婦さんに要相談。

 

 

実はこのブログを書いている際に、takeusさんのこの↓↓記事を発見。

痛み止め注射、ガス、エピジュールなどなど。とても分かりやすく解説されています。出産準備をされている方へのお役立ち情報ですね。

 

 

 中盤戦

痛み止め注射を打ち、だいぶ落ち着いた私。

気づいた頃には夜11時。

 

そんな時、予想外にも

旦那 『家帰って寝てくる。』

 

私 『 ...?病室はシャワーとトイレ付きの個室で、添い寝用にベットもあるんだけど。』

 

旦那 『子宮口開いてないから。まだまだ。何かあっても15分で病院に来れるから。家で寝る方がぐっすり寝れるからさ。』

 

と言い、自宅に戻った旦那。

悔しい事に、彼の言う通りその晩は何も起きませんでした。

 

ポイント : 出産は、経験がものをいう?! 後半に備え、中盤で旦那を休ませて正解かも。

 

 

 

次回は後半戦(分娩室に向かい、無痛分娩・エピジュール)です。

これから未知の領域に入ります。

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

 

 

最後までお付き合い頂きまして、大変ありがとうございます。
ここ↓↓↓をポチっと押していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村 

子供に大人気のゲームを大人の視点で観察した結果

 

こんにちは、年の差婚 in オーストラリアの かみなり3番です。

今日は、ここ↓↓↓でも紹介した継子の長男の話。
www.kaminari3ban.com

彼はXboxの大ファン。特に Fortnite (フォートナイト) というゲームに夢中です。

このゲームを知らないオーストラリアの子供はいない、と言っても過言ではありません。社会現象にもなっているゲーム。世界中で830万人ものプレイヤーがいるともいわれています。

 f:id:Kaminari3ban:20190421122629j:plain

私のようにゲームの事を知らない人からしたら、オンラインで世界の人達とプレーできるシューティングゲーム。という感じです。ゲームの詳細はこちら↓↓↓から。

ja.wikipedia.org

 

長男がこのゲームをしているのを横で聞いていてビックリ。本当にゲームをしているの? と耳を疑う場面も。

 

 そこで今日は、子供に超人気のゲーム フォートナイトを大人の視点で検証 してみました。

 注意 : ゲームを否定や固定する記事ではありませんのでご了承下さい。

 

 ゲーム開始

まずはチームメンバーの召集。ゲーム上で集めます。小学生、中学生、高校生、大人。様々な年代です。

プレイヤーが集まり、ゲームが始まる前に軽く事前打ち合わせをします。

 f:id:Kaminari3ban:20190420205506j:plain

 ゲーム前の事前打ち合わせ

作戦会議。まず、指揮官の長男がどこに集合するのかを伝えます。お互いの手持ちの武器やアイテムの確認。誰が空から攻撃するのか、陸に行くのか等話し合っています。

長男の個人としての行動ですが、所持しているアイテムの再確認。そして、それらのアイテムに優先順位をつけ、順位ごとに並び替えています。こうする事によって時間節約ができるそうです。

また、事前会議後ゲーム開始まで時間があり、この間に長男は、チームメンバーとゲームとは全く関係ない話をしていました。(これに意味があったとは..この時全く知りませんでした。これに関しては、下にある結果を参照ください。)

 

 ゲーム中

各自決められた事をしっかり守り、急なプラン変更にも対応。ポジショニングも空と陸で連携が取れています。

チームを思いやり、お互いカバーに入ります。誰かが良い仕事をすれば褒め合い、ミスをすれば励まし合う。 常にコミュニケーションをしています。

 

 結果

予想以上の成果を見つけました。

  • コミュニケーション能力

自分の伝えたいことを正確に的確にチームに伝える事ができています。バーチャル上なので、相手の顔や表情、ボディーランゲージは見えません。その代わり、言葉で丁寧に細かく伝えています。私が思うに、長男が普段私に何かを説明してくれるよりも、慎重でかつ段階的、建設的な説明。

そしてチームメンバーを知ろうと、ゲームの待ち時間にはゲームとは関係ない話をしました。意図的だそうです。どういう人なのかを知るには、フォートナイト以外の話がいい、と。小学6年生にして分かってる、人間関係の構築を。

  • 問題解決能力

目と耳から入って来る情報を的確に分析し、問題回避・問題を最小限に抑えています。自分の状況と敵の状況を見極め、逃げるべきなのか戦うべきなのか、瞬時に解決方法を決めています。 

  • リーダーシップ

常にチームを気遣い、褒め合い励ましています。また各自がベストなパフォーマンスがを発揮できるよう、適材適所の指示ができています。

 

f:id:Kaminari3ban:20190422152703j:plain  

オーストラリアの子供達は、こうやって世界と繋がっています。もちろん、英語でプレイするゲームとなれば、英語圏の子供達が有利であるのは言うまでもありません。

ですが、言語は別とし、バーチャル上で子供たちが世界と繋がり、色々なスキルを身につけている。こういう子供達が将来社会に出て、新しい世界を作り、今までとは異なる価値が生み出される。

 

そして10年後には、この子供達と一緒の社会にいる私。私は世の中についていけるのか...と不安になった一日でした。

 

 

本日も、最後までお付き合い大変ありがとうございます。

ここ↓↓↓をポチっと押していただけたら、私のブログを書くエネルギーになるので宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

 

 

年の差国際結婚するまで4年かかった理由 ~slowly but surely~

 

こんにちは、お元気ですか?年の差婚 in オーストラリアの かみなり3番です。

年の差+国際結婚の私。

こちら↓↓↓にも書きましたが、年の差婚の最初のハードル、親への紹介は突破。

www.kaminari3ban.com

親の強い反対がなかったものの、プロポーズから結婚まで約4年もかかりました。

 

今日は、結婚までなぜこんなに時間がかかったのか

そして、これから国際結婚し海外移住する方へのメッセージを送りたいと思います。

 

そう、4年もの月日。なぜかというと、、、

国際結婚で、しかも年の差。彼と結婚する為にクリアーしなければならない3つの条件が、自分の中でありました。

 

その条件とは、、、

1.経済的安定

年の差という現実。旦那との年齢差を考えた時、以下の問題が予測できました:

  1. 旦那が働けなくなる時が、いつか確実にくる。
  2. 病気や万が一の事が、想定するより早く来る。

どちらかが起きた時、私は仕事に出なくてはならない。でも、その時になり行動を取るのでは遅い。最初からオーストラリアで仕事をしようと。

f:id:Kaminari3ban:20190330152606j:plain
まずは目標設定。設定は現実的に、日本の生活レベルと同等で。 (= 会社勤め、車所有、貯金、旅行や趣味ができる)この生活レベルを自分で確立できるまでは、結婚はしない。そう自分で決めました。

 

2. 外国人としてオーストラリアに住む覚悟と自信

言葉の壁。目に見えない人種の壁。文化の違い。

海外に滞在する (= Stay) ではなく、住む (= Live) という事。

自分が外国人としてこの国に住めるのか。その覚悟と自信をつける時間が必要でした。

 

3. 旦那の子供達

これを無視して結婚はできません。

悪いより良い関係の方がいいに決ってる。そして、自分の子供の姉や兄になるかもしれない人達。一生お付き合いする人達だから。

継子達との関係構築は、こちら↓↓↓に書いてあるので省略します。

www.kaminari3ban.com

  

約4年が過ぎた頃、企業の正社員、オーストラリアに外国人として住む覚悟と自信、そしてステップキッズ達。全ての問題がある程度クリアーされました。

合格点まで行ったので、4年越しでプロポーズを承諾。旦那、よく待ってたと思います。

 

これから国際結婚し海外移住する方へのメッセージ

f:id:Kaminari3ban:20190330174116j:plain

国際結婚と言うと、日本にいる友達や親戚は『海外生活っていいわね。』なんて言いながら、日本を送り出してくれる人もいるのではないでしょうか?

実際はどうでしょうか?

海外で外国人として生活していくという事は、何度も壁にあたります。結婚したらしたで、親になったらなったで。

しかも、自国で経験した事もないような壁に。解決方法を見つけ出すまでに時間がかかる時も。

でもある時にから、そんな障害も楽しめるようになるんですよね。不思議。これがゲームでいうレベルアップ。

 

ここまで来るのに、色々ありました。

でも、時間をかけた事で、予測できた問題を回避したり、問題を最小限に抑える事ができたのかな、と思っています。

 

英語で Slowly but surely というフレーズがあります。

意味は ゆっくりだけど確実に

 

もし、これから国際結婚し、海外へ移住される方がこの記事を読んでいるのであれば伝えたい。

 

そう、外国に住む。楽しい事だけではありません。

そんな時には感情的にならず、客観的に物事を分析し、焦らず時間をかけて物事を進める事も大切ではないでしょうか。

 

 

 

今回も、貴重なお時間をさいて読んでいただき、大変ありがとうございました。

ここを↓↓↓ポチッと押していただけたら、私のブログを書くエネルギーになるのでお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

 

子持ちの人と恋愛•結婚 ~Half Empty or Half Full~

 

こんにちは、年の差婚 in オーストラリアの かみなり3番です。

ここ↓↓↓でも紹介したように、私は4人のステップマザー。

www.kaminari3ban.com

 

旦那とお付き合いが始まった時には、彼には4人の子供がいました。

大半の人達が「子供がいる人とお付き合いしたら色々大変」と思うでしょう。

その通り、大変な事の方が多いと思います。特に、自分が独身で子供がいない場合。相手の状況と自分の環境が違うから、理解に苦しむ事も。

ですが、今日は少し変えて、人からあまり聞く事がない

  • 旦那が子持ちで良かった点。

そして

  • 子供がいる人とお付き合いをしてる方に伝えたいメッセージをお届けします。

 

そう、良かった点

例1 : 子供優先

前妻から彼に連絡があり、子供が熱出したと。熱がない子供達を見てて欲しい。

デートドタキャン。子供がいる人とお付き合する"あるある"です。

当時、子供を持つという事が大変なのは理解してたつもり。それでも、えー😣と思ったり。

かといって、もし旦那が自分の子供より私を優先してたのであれば、結婚はしていなかったと思います。

なぜならば、、、

子供より自分の彼女を優先 = 子供より自分の事を優先する人。

つまり、将来この人と結婚し子供が出来たとしても、自分優先で子供や家庭の事は返りみず、でしょ。(極端な考え方ですが)

この時点で、この人との間に子供ができた場合、どんな父親になるのか少し想像できました。

実際、娘ができても子供優先は変わらないままです。

f:id:Kaminari3ban:20190316161117j:plain

 

例2 : 夫婦の形が変わらない

子供ができて夫婦仲が悪くなる、喧嘩が増える、と聞く事があります。

私たちの場合は、娘が生まれても夫婦の形は変わりませんでした。

というのも、娘ができる前からステップキッズ達が私達の周りにいる状況。子供が夫婦の間にいるのには当たり前の環境でした。

その為、夫婦のかたちが変わることはありませんでした。 

 f:id:Kaminari3ban:20190317143013j:plain

 

例3 : 子供の躾

躾は経験が物を言う事が多いのではないでしょうか。私は、旦那から躾の基本を学びました。

子供の褒め方、自信のつけ方、どういう時に叱るのか、オーストラリア人としてのモラル 等。

現在、旦那は高校生の躾を頑張っています。ティーンの躾は難しそう...。

時代が変われば十代の価値観もかわる。個人の性格もある。それでも、ベースとなる躾は一緒だと思います。

私の娘がティーンになったら、、、旦那宜しく!!! (嘘、人任せにはしません 笑)

旦那の今の経験を参考に、娘の躾を二人で頑張りたいと思います。

 

子供がいる人との恋愛や結婚

自分が初婚の場合、相手も初婚でないと批判に合いやすい。だから『結婚歴があり子供がいる人とお付き合いしている』と人に言い難い。

そして、周りには普通と呼ばれるカップルばかり。

余計に劣等感を感じ、誰にも本音を話さない。問題があっても、自己解決していかなければいけない状況。

私はそんな悪循環にいました。 

 

話は変わりますが、、、

英語で is the glass half empty or half full? という諺があります。

意味は、

『グラスに半分までしか水が入っていない』と見るか、

『グラスに半分も水が入ってる』と受けとるか。

物事の捉え方を表す諺です。

 

f:id:Kaminari3ban:20190316161300j:plain


もし、あなたが、この悪循環の中にいるのであれば伝えたい。

周りと比較し、全てが Half emptyに映る時もあるでしょう。

いやいやそんな事はない、大丈夫。と無理してHalf Fullで考えたり。

 

渦中の中にいると不安になり混乱します。

でも、何が Empty でどれが Full なのか、自分の中で理解する事が大切ではないでしょうか。

 

そして、今、娘ができて思います。

自分が一番大切にしている人 = 子供。その人達に、自分がお付き合いしている人を紹介するという事。

もちろん日本と文化が違うとはいえ、私を子供達に紹介した旦那の強い覚悟を。

 

今日も最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。

ここを↓↓↓ポチッと押していただけたら、私のブログを書くエネルギーになるのでお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

 

ハーフの娘をバイリンガルにできない理由 ~後半~

 

お元気ですか?年の差婚 in オーストラリアの かみなり3番です。

今日は、ハーフの娘をバイリンガルにできない理由の後半。

 

前回までのお話はこちら↓↓↓から。 

www.kaminari3ban.com

 

そう、3つめのスキルというのは、

3. 公用語をパーフェクトに

オーストラリアの公用語は英語。

そしてこの公用語、ラッキーな事に世界の共通言語の1つ。

これがマスターできれば手に入れる情報量が断然違う。アドバンテージがあまりにも大き過ぎる。

その為、自国の言語をきちんと身につけてほし、という想いです。

f:id:Kaminari3ban:20190310164513j:plain

 

4. 心の知能指数 – EI (Emotional Intelligence)

これも、オーストラリア社会に出て必要なスキルの1つだと思います。

このスキルはオーストラリアでなくても大切なのかもしれませんが。

ちなみに、心の知能指数とは↓↓

ja.wikipedia.org

 

相手の気持ちが分かり、状況を読んで対処できる事。

これが高ければ良いリーダーにもなれる。オーストラリアの社会でリーダーシップをとれる事の重要さも、ステップキッズ達が成長していく中で学びました。

でも、どうやって心の知能指数を伸ばしてあげるのか...

考えた末、娘が小さいうちは、この資質に必要な『洞察力と観察力』をつけれる環境作り、と考えました。

 

話は飛びますが、私には二人の姉がいます。

f:id:Kaminari3ban:20190311202157j:plain

何をしたら怒られるのか。何をしたら褒められるのか。

自分がミスをしなくても、彼らのミスから学べる環境。三女の特権。

これが、私の洞察力を少しでも発達させてくれたんだろう、と勝手に思ってます。

話を戻すと、

そう、娘は五人兄姉の末っ子。お姉ちゃんやお兄ちゃん達とたくさん時間を過ごし、彼らを観察してもらう。

これが、私が作れる一番効果的な環境ではないだろうか、と。

 

じゃあ、何故この4つのスキルが上位にきたのか???

娘は私似です。娘が社会に出る時、この事がどのように影響があるかというと、、、

以下の記事のように、

目にみえないハードル が将来待ち受けているのではないか、という懸念があります。

www.asahi.com

 

こちらに10年在住し、オフィスで仕事をしていて思います。これが大げさに書かれた記事ではない事を。何かの間違えであって欲しいけど。

私はこの国で外国人だからいい、壁があるのは当然。だけど娘はオーストラリア人。

だから、、、

娘には、外見のハードルを越えられるような内面を。その為には、オーストラリア社会に必要な資質とスキルを身につけてもらいたい。

母親の不要な心配と、勝手な思い込み...かもしれないけど。

 

もし日本に住んでいたならば、また違った教育方針になったかもしれませんね。

  

"この4つのスキルで"と決めたものの、心の中では『ハーフだから二カ国語を喋らせた方がいいのだろうか...』という葛藤はありました。

そして、娘は『自分はハーフだからバイリンガルでないといけない』という世間のプレッシャーを将来感じてしまうだろうか。という心配も。

  f:id:Kaminari3ban:20190311073656j:plain

 Copyright: Kaminari3ban

娘はまだ4歳。彼女が大きくなり、私がなぜ日本語を教えなかったのか責められるかもしれない。それは覚悟してる。その時がきたら娘にきちんと伝えたい。

 

 

注 : これは、あくまでも、自分の娘の教育方針をどう決めるのか。というお話ですのでご了承下さい。

 

貴重なお時間をさいて、後半も最後まで読んで頂き、大変ありがとうございました。

ここを↓↓↓ポチッと押していただけたら、私のブログを書くエネルギーになるのでお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

 

ハーフの娘をバイリンガルにできない理由 ~前半~

 

 

こんにちは、年の差婚 in オーストラリアの かみなり3番です。

 

こちら↓↓でもご紹介した通り、私の娘は日本人とスコットランド人のハーフで、オーストラリア人。

www.kaminari3ban.com

 

ハーフの子供 = バイリンガル と想像する方も多く、『将来、娘がバイリンガルなんていいね』なんて言われたりします。

ですが、私はバイリンガル化には力を入れていません。

そこで、なぜ娘をバイリンガルにできない・しないのか をお届けしようと思います。

 

注意 : バイリンガルを否定するものでは全くありません。あくまでも、自分の娘の教育方針をどう決めるのか。というお話ですのでご了承下さい。

 

娘がバイリンガルの方がいいか?と聞かれたら 絶対 Yesです。

言語はたくさんしゃべれた方がいいに決ってる。

バイリンガルトリリンガル。自分のおじいちゃんやおばあちゃんとも通訳なしで話せるし。

小さい頃に二カ国語 • 三カ国語を学んだ子供は他のスキルも発達する傾向にある、とも。小さい子供の脳にいいのは分かってる。

f:id:Kaminari3ban:20190310174002p:plain

でも正直、私は親としてそんなに器用でない...。それは自分で認めます。

だから、娘に身につけてほしいスキル全部を同時進行するのは無理だと思った。

 

その為、娘がオーストラリアの社会に出るという前提で、身につけて欲しいスキルや資質を絞り、そこに時間とお金を費す。そう決めた。

そして、娘のバイリンガル化の優先順位は、今から言う4つのスキルよりも低い。順位が低い事に時間やお金を費やすことに意義がある、とは思えなかった。

 

じゃあ、私の優先順位は...というと 

1. オーストラリア流のコミュニケーション能力

f:id:Kaminari3ban:20190310164133j:plain

このコミュニケーション能力。教わってすぐ身につくものではないと思います。

しかも 二カ国語以上喋れる =コミュニケーション能力が高い ではなく、全く別のスキルかと。

オージー流のコミュニケーションは、小さい頃からの積み重ねだと思いました。

幸いにも、ステップキッズ達(生粋のオーストラリア人)が、どのように育つのかを目の前で見てきました。日本人の子供とは全く違う。カルチャーショックでした。

だから、娘が小さい頃から保育園に通い、同い年のオージー達に触れ、このスキルを習得してほしかった。

 

2. 自信

オーストラリアの社会において不可欠な資質の1つ、自信

自信を出すというのは、日本で育った私には想像以上に難しかった。(正直、今でも苦戦しています。)

謙虚 = 自信がない人 と理解される。

マスターし始めたら、自信を前に出し過ぎ性格の悪い人。さじ加減が難しい。

私が思うオージー自信とは、、、

保守的でありながら協調性があり積極的。(言葉にならず、すみません。) 難しいバランスです。

 

f:id:Kaminari3ban:20190310165403j:plain

 

ちなみに英語で自信を出すは、

Display confidence や Show confidence。

またConfidenceの別の使い方で、

I have confidence in you. というフレーズがあります。

意味は、私はあなたに自信を持っている = あなただったらできる です。

何かにチャレンジするのに不安になっている人に、『成し遂げられる。できる。大丈夫』と励ますフレーズでもあります。

You can do it に似ていますが、I have confidence in you の方が丁寧で誠実感が強い、と個人的には思います。

ビジネスシーンであれば、同僚同士、上司が部下にいうフレーズ。部下が上司には言わないですね(なんか変ですよね、部下が上司に『できるよ、大丈夫』って)。

 

このオーストラリア人でも苦戦する自信。私は娘に小さい頃からつけてあげたかった。大きくなってから身につけるのは、結構な努力が必要だから。

じゃあ、どうしたら自信をつけてあげられるのか、、、

  •  褒める

日本人が大げさじゃない? と思うくらい褒めて褒めて褒める。そして、何かできたら拍手喝采。旦那、私、ステップキッズ4人 の計6人で娘に拍手喝采です。

『小さいうちは言葉だけではなく目で見て褒められた、と認識させる事が大事じゃない?』と旦那。なるほどねー。

そして、、、

  • 娘がする事を否定しない。

娘が2歳になる前、旦那に言われました。

『娘にNo Noって言い過ぎじゃない? 娘が理解できないと思ってるかもしれないけど、子供はそういうの分かるから。自尊心や自信が育たないから辞めてくれる?』と。

私、無意識で言ってたらしい。反省しました。それから、危険を伴う場合以外はダメというのを辞めました。(正確にいうと、ダメというのを辞める努力をしました。)

 

 

後半は、もう2つのスキル•資質の説明と、これらのスキルが上位に来た背景 をお伝えしようと思います。

 

こちらも合わせてどうぞ。

 

 

 

貴重なお時間をさいて、前半、最後まで読んで頂き大変ありがとうございました。

ここを↓↓↓ポチッと押していただけたら、私のブログを書くエネルギーになるのでお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村