年の差婚 in オーストラリア ~非凡で平凡な日常~

妻 + 働くママ + 四人のステップマザー = 私。23歳年上の旦那さん。年の差婚、国際結婚、育児、ステップキッズ、海外での仕事や生活。非凡で平凡な日常を、オーストラリア メルボルンのビーチタウンから発信中。

スポンサーリンク

歳の差国際結婚の一番の難関 後半 ~過去 現在 未来~

スポンサーリンク

こんにちは、国際結婚+年の差婚の かみなり3番です。

 

後半は、ステップキッズ達の本音と、娘が生まれた時の継子達の反応、そしてこれからの未来に向けてお話したいと思います。

 

その前に、前回のお話はこちらです。

www.kaminari3ban.com

 

 

継子達の本音

ステップキッズ達と初めて会った時から数年経ち、私たち夫婦が子供を持つことを継子達がどう思っているか知りたく、旦那から子供たちに聞いてもらいました。

(私の前では、子供達が本心を言えないと思ったので、私が外出中に話合い。)

 

長女と三女は大反対。子供の人数が増える事で父親との時間が減ること。また、生まれてくる子が現妻の子で、自分たちが排除されるという不安。

三女は席を立ち自分の部屋で泣いていたそうです。

次女と長男は賛成。大歓迎。

 

その結果、夫婦で再度話し合い、以下の事を決めました。

  • 子供ができた際には、旦那が継子達と過ごす時間を今まで通り保つ事。
  • 旦那が、生まれて来る子を優先している。と継子達に感じさせない事。
  • この二つを守るため、夫婦で協力し合う事。

そして、私は継子達に育児を協力してもらおうと決めました。

そうすれば、義理の姉妹/兄妹とはいえ、絆が生まれるだろうと。

 

娘が生まれる

正直怖かった。不安でした。

継子達が、生まれてくる子を嫌いであれば、私と継子達の良好な関係が崩れる。

父親と継子達の関係も破壊され、夫婦関係にも影響するかもしれない。

全てが土砂崩れのように流れ消え去るであろうと。。

f:id:Kaminari3ban:20190128144159j:plain


 

そんな中、娘が生まれました。。。

 

生まれた時から、私の娘を一番可愛いがっているのは、猛反対していた長女と三女。

一緒に公園に出かけたり、ケーキ作りをしたり。娘は、彼女達の部屋に数時間こもり一緒に遊んでいます。(というか、遊んでもらってます。) 

もちろん次女と長男も可愛がってくれています。

 

何が上手くいったのか分からないけど、継子達の不安を払拭できたからだと思います。

 

そして何より、生まれてきてくれた娘が、私と継子達との距離をより縮めてくれています。

継子達に娘の服を選んでもらったり、(私が苦手な)髪の毛をセットしてもらったり、ビーチに行ったり、娘の習い事の相談したり。

娘を通して、継子達と一緒に過ごす時間やコミュニケーションが増えました。

 

長女は、"私、今は5番目の一番上だけど、もう一人子供が生まれて6番目の長女になるのも良いかも"と。そう、彼女が言いたかったのは 『もし私がもっと子供欲しかったら、自分は賛成だから』と。

この言葉、普通は継母に言えないよ。当時はまだ高校生、本当に大人。涙が止まらなかった。ありがとう。

 

これからの未来

f:id:Kaminari3ban:20190128144307j:plain

世間が思う継母の型にはまらなくても、ステップマザーという立場を楽しめるのはオーストラリアだからかもしれません。

 

ステップキッズ達が子供を作る頃には、私の娘が高校生になるでしょう。

その時がきたら、彼らが私の娘にしたくれたように、今度は私と娘で彼らの赤ちゃんの世話をする事になるでしょう。そんな日が来るのを楽しみにしています。

 

これからも、この素敵な関係がずーーーーーーっと続きますように。

 

お付き合いありがとうございました。

ここをポチっとここ↓↓↓を押していただけたら、私のブログを書くエネルギーになるのでお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村