年の差婚 in オーストラリア ~非凡で平凡な日常~

妻 + 働くママ + 四人のステップマザー = 私。23歳年上の旦那さん。年の差婚、国際結婚、育児、ステップキッズ、海外での仕事や生活。非凡で平凡な日常を、オーストラリア メルボルンのビーチタウンから発信中。

スポンサーリンク

出産は夫婦で乗り越えろ! 立会い出産で旦那がすべき行動とは? ~前半~

スポンサーリンク

 

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

最近、はてなブログにて『年の差国際カップ』のカテゴリーを作った

年の差婚 in オーストラリアのかみなり3番です

 

先日、新生児に会う機会があり、娘を出産した日の事を思い出しました。

 

そこで今日は、私のオーストラリアでの出産経験をご紹介。 

 

いやっ、ちょっとまった!!!

 

数々の先人達がオーストラリアでの出産経験を書いています。

私の出産は、

陣痛促進剤 ⇒ 痛み止め注射 ⇒ 無痛分娩

オーストラリアでは普通です。

f:id:Kaminari3ban:20190608150520j:plain

 

でも他の人と一つ違うのは...旦那

出産に立会うのは今回が5回目。旦那は過去4人の子供の出産に立ち会っています。

そう、私の旦那は立ち会い出産のエキスパート

 

そこで今日は、このエキスパートが取った行動をふまえ、

出産当日に、旦那やパートナーに取って欲しい行動

をお伝えします。

 

これから出産される方のお役に立ちますように!!!

 

注意 : 生々しい表現は避けていますが、こういう類のトピックが苦手な方はこちらの記事をどうそ。

 

かみなり3番、この名前に隠された真相

ハーフの娘をバイリンガルにできない理由 ~前半~

 

 陣痛促進剤

出産予定日の数日後に旦那の出張にが予定されていた為、計画出産で前倒しに。

病院で陣痛促進剤を打つと1時間後には破水。ここからが痛みとの戦いでした。

痛いと言えないくらい痛い。ベットに横になりうずくまる私。

その横でiPadで映画を見ながらポテトチップスを食べる旦那。しかも、痛みで食べられない私に代わりに病院の食事を完食。

 

なんで労わってくれなかった???と産後に聞くと、

旦那 『あの時点で始めたら自分のスタミナがもたない。初産だから時間かかるでしょ。長期戦に備えて。計画的でしょ。』と。

 

ポイント : 労われ、嘘でもいいから。松岡修造レベルは求めてないけど、応援して。

 

 

 陣痛前半

f:id:Kaminari3ban:20190608150547j:plain

この状況が3-4時間続き、痛みでベッドに這いつくばる私を見かねた旦那が、看護婦さんを呼びました。

相談した結果、痛み止めの注射をリクエスト。

痛みで体力があまりにも消耗された為、赤ちゃんに悪影響では、という理由です。

 

この痛み止めの注射はペチジン(Pethidine)。

24時間で、摂取できる量が決まっているようです。

そこで、一回の量を半分にし、回数を打って長期戦に対応する。と旦那からの提案。

さすが出産立会エキスパート。本領発揮し始めました。

 

ポイント : 痛み止め注射を打つときは量を調整できるかも。お医者さんと看護婦さんに要相談。

 

 

実はこのブログを書いている際に、takeusさんのこの↓↓記事を発見。

痛み止め注射、ガス、エピジュールなどなど。とても分かりやすく解説されています。出産準備をされている方へのお役立ち情報ですね。

 

 

 中盤戦

痛み止め注射を打ち、だいぶ落ち着いた私。

気づいた頃には夜11時。

 

そんな時、予想外にも

旦那 『家帰って寝てくる。』

 

私 『 ...?病室はシャワーとトイレ付きの個室で、添い寝用にベットもあるんだけど。』

 

旦那 『子宮口開いてないから。まだまだ。何かあっても15分で病院に来れるから。家で寝る方がぐっすり寝れるからさ。』

 

と言い、自宅に戻った旦那。

悔しい事に、彼の言う通りその晩は何も起きませんでした。

 

ポイント : 出産は、経験がものをいう?! 後半に備え、中盤で旦那を休ませて正解かも。

 

 

 

次回は後半戦(分娩室に向かい、無痛分娩・エピジュール)です。

これから未知の領域に入ります。

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

 

 

最後までお付き合い頂きまして、大変ありがとうございます。
ここ↓↓↓をポチっと押していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村